自分だけの一品が作れる京都の中坊進二さんも体験した陶芸教室


旅行の思い出になるのが、何かを作ることです。
自分だけの一品を作ることは最高の思い出作りになります。
京都には様々な体験が出来る場所があります。
京都の中坊進二さんも体験した陶芸教室の嘉祥窯陶芸教室ならば
自分だけの一品を作ることが出来ます。
ここは京都清水において、四代に渡り茶道具や器を創作して来た窯元です。
その窯元による陶芸教室でカップやお茶碗などを作ることが出来ます。
京都の中坊進二さんも現在毎日使っているカップをここで作ったそうです。

こちらの教室では電動ロクロによる陶芸体験が出来ます。
カップをはじめお茶碗や湯飲みなどオリジナルの器作りが約30分で楽しめます。
土の量によって値段が異なり、
カップだけでなくお皿やラーメン鉢など様々なものが作れます。
シンプルに仕上げるもよし、ゆがみやくびれを入れて個性的にするもよし、
ハート型が花びら型にするもよしと自由に作れます。
京都の中坊進二さん曰く、自分の思い通りのものが作れて楽しく、
大勢のお客さんで賑わっているそうです。

色は定番の色に加えて、季節の限定色を入れることが出来ます。
届いた作品を手にすれば、旅の様々な思い出も蘇って来ます。
また、フォロー体制もばっちりです。
若手作家がサポートしてくれるので安心して利用出来ます。
少人数制で気さくなインストラクターがサポートしてくれるので、
自分の理想どおりの一品を仕上げることが出来ます。
京都の中坊進二さんもインストラクターのサポートが素晴らしかったと話していました。

思い出に残り、いつまでも使い続ける一品が出来る。
それが京都の中坊進二さんも体験した陶芸教室です。