京都の中坊進二お気に入りのステーキレストラン


京都は京料理だけが美味しいわけではありません。
ラーメンや肉料理など色んなものが楽しめる街だと
京都の中坊進二は考えています。
あっさりしたものだけでなく、
ガツンと来る料理もたくさんあるのが京都です。

ランチにちょっとした贅沢をしたいと京都の中坊進二が思った時に、
よく行くステーキレストランがあります。
それが「ステーキおおつか」というお店です。
使用する肉は全て極上品です。
高いメニューもありますが、
リーズナブルな価格の美味しいメニューもあるので、
お財布にも優しいステーキレストランだそうです。
ステーキだけでなく、ローストビーフや秘伝のタレが絡み合う
カルビ丼定食など様々なメニューがあります。

京都の中坊進二はちょっとした贅沢をしたい
給料日後の休日によく訪れています。
その際にはローストビーフを注文することが多いそうです。
脂身の少ない赤身をレアで仕上げ、
甘みのあるタマネギソースで食べるローストビーフは絶品だそうです。
心行くまで堪能したいがために、
朝食をほどほどにしてお腹を空かせた状態で行っているそうです。

口の中にローストビーフを入れて、
噛む事で口の中で広がっていく味がたまらなくいいそうです。
「この瞬間のために頑張ってきたんだ!!」と思えるくらい、
ロースとビーフが美味しいと京都の中坊進二は話していました。
他のメニューも美味しいらしく、
いずれは高いステーキにも挑戦しようと考えています。
営業時間は昼のみなので、注意しましょう。

リーズナブルでありながらも極上のお肉が味わえるステーキおおつか、
一度堪能してみるのがいいですね。
虜になりそうです。